菅官房長官「新たな日米貿易交渉で国益に沿った成果期待」

菅官房長官「新たな日米貿易交渉で国益に沿った成果期待」
k10011884361_201904151326_201904151329.mp4
日本時間の16日からワシントンで始まる日米の新たな貿易交渉について、菅官房長官は午前の記者会見で、去年9月に日米の首脳間で合意された共同声明の内容に従い、国益に沿った有意義な成果が得られることを期待したいという考えを示しました。
日米の新たな貿易交渉は、日本時間の16日未明からワシントンで開かれ、当面の交渉対象とする範囲などが議論される見通しで、物品の関税以外の交渉分野をできるだけ絞り込みたい日本側に対し、アメリカ側がどのような出方をするのかが焦点です。

これについて菅官房長官は午前の記者会見で、「これから協議が始まるので、具体的成果について予断することは控えたい」と述べました。

そのうえで菅官房長官は、「いずれにしろ昨年9月に日米首脳会談で合意した共同声明の内容に従って建設的な議論がなされ、国益に沿った有意義な成果が得られることを期待したい」と述べました。