脱線事故のJRきのくに線 14時間ぶり運転再開 和歌山

脱線事故のJRきのくに線 14時間ぶり運転再開 和歌山
14日朝、和歌山県御坊市にあるJRきのくに線の御坊駅の構内で回送列車が脱線し、一部の区間で運転ができない状況が続いていましたが、きのくに線は、午後9時に全線で運転を再開しました。
14日午前7時前、JRきのくに線の御坊駅の構内で4両編成の回送列車が留置線から本線に入ろうとしたところ、2両目が脱線して動けなくなりました。

JR西日本和歌山支社によりますと、駅の担当者がポイントの切り替え作業を誤ったため、列車が本来は入れない線路に入ろうとして脱線したということです。

この事故によるけが人はいませんでしたが、きのくに線は、印南駅と紀伊由良駅の間で上下線とも運転ができなくなり、JRが復旧作業を進めていました。

JRによりますと脱線した車両を線路に戻したあとレールやケーブルなどの設備を点検した結果、大きな損傷はないことがわかり、きのくに線は、およそ14時間ぶりに午後9時に全線で運転を再開しました。

この影響で、きのくに線では、特急を含めて合わせて102本の列車が運休し、およそ1万300人に影響が出ました。