青森 弘前の弘南鉄道大鰐線で列車脱線 けが人なし

青森 弘前の弘南鉄道大鰐線で列車脱線 けが人なし
14日、青森県弘前市の弘南鉄道大鰐線で列車が脱線する事故がありました。けがをした人はいませんでしたが、全線で運転ができなくなっています。
弘南鉄道によりますと、14日午後6時52分ごろ、青森県弘前市紙漉町で弘南鉄道大鰐線の中央弘前駅発大鰐駅行きの2両編成の列車が走行中に脱線し、動けなくなりました。

車内には、10人の乗客が乗っていましたが、けが人はいませんでした。

列車は、弘高下駅の250メートルほど手前で脱線し、先頭車両の左側にある4つの車輪のうち、前の2つの車輪が線路から外れた状態になっているということです。

この影響で大鰐線は、午後9時現在、全線で運転ができなくなっていて、運行再開の見通しはたっていないということです。

弘南鉄道や警察が列車が脱線した原因を調べています。