甲子園で春夏連覇の大阪桐蔭出身の2人 二軍の試合で対戦

甲子園で春夏連覇の大阪桐蔭出身の2人 二軍の試合で対戦
去年の甲子園で春夏連覇を達成した大阪桐蔭高校からプロ野球に進んだロッテの藤原恭大選手と日本ハムの柿木蓮投手が二軍の試合で初めて対戦し、結果はファールフライとヒットでした。
去年、甲子園で春夏連覇を果たした大阪桐蔭で4番だった藤原選手はドラフト1位でロッテに、エースだった柿木投手はドラフト5位で日本ハムに、それぞれ入団しました。

千葉県鎌ケ谷市で14日に行われたイースタンリーグの試合で、2人は初めて対戦しました。

最初の対戦は1回で、柿木投手が初球のストレートでサードへのファールフライに打ち取りました。

2回目の対戦は3回で、こんどは藤原選手が初球のストレートを捉えてレフト前にヒットを打ちました。この後、藤原選手は二塁への盗塁も決めました。

この試合、柿木投手はスリーランホームランを打たれるなど、3回を投げて4安打4失点でした。

一方、藤原選手はフル出場してタイムリーツーベースを含む6打数3安打1打点、1盗塁でした。

試合後、藤原選手は「柿木投手との対戦はあまり意識しなかった。バッティングについてはいろいろと試しながら取り組んでいて、きょうの3安打は次につながると思う。1軍がプロ野球だと思うので通用する力をつけて、もっと上の世界で戦いたい」と話していました。