河野外相「日中関係の安定 若い世代の相互理解 不可欠」

河野外相「日中関係の安定 若い世代の相互理解 不可欠」
日中両国の若者の交流をさらに深めようと、北京で式典が開かれ、出席した河野外務大臣は「日中関係を長期にわたって安定的なものにするためには、若い世代の相互理解と相互信頼が不可欠だ」と呼びかけました。
日本と中国は、ことしを「日中青少年交流推進年」と位置づけていて、14日は、両国の学生らが参加して、北京で開幕式が開かれ、河野外務大臣と中国の王毅外相も出席しました。

王毅外相は「日中関係は、去年、ようやく正常な軌道に戻った。若い世代には、国家と民族の希望や日中関係の未来が託されており、未来を切り開いていくことを期待したい」と述べました。

また、河野大臣は、冒頭、中国語で自己紹介したあと「日中関係を長期にわたって安定的なものにするためには、若い世代の相互理解と相互信頼が不可欠だ」と呼びかけました。

日中両政府は、今後5年間で、合わせて3万人規模の交流を行うことで一致していて、高校生の短期留学や若手行政官の大学院への受け入れなどを相互に進めていくことにしています