山陽新幹線が緊急停止 ドア開け線路内に降りた男を逮捕

山陽新幹線が緊急停止 ドア開け線路内に降りた男を逮捕
14日午前、兵庫県内を走行していた山陽新幹線で何者かがドアを開けようとしたため緊急停止しました。その直後に乗客の男がドアを開けて線路内に立ち入ったため、新幹線の運転を妨害した疑いで逮捕され、警察が詳しい状況を調べています。
14日午前11時すぎ、東京発博多行きの山陽新幹線「のぞみ17号」が兵庫県尼崎市を走行中に、乗降口のドアを開けるための非常用の装置のカバーが外されたため緊急停止しました。

警察によりますと列車が停止した直後に乗客の男が開閉レバーを押してドアを開け、線路内に降りたということです。男はまもなく追いかけた車掌に新幹線の運転を妨害したとして新幹線特例法違反の疑いで逮捕され、駆けつけた警察に引き渡されました。

逮捕されたのは、大阪太子町の自称、無職、山本まとむ容疑者(54)です。調べに対し「線路に降りたのは間違いない」と供述しているということで、警察が詳しい状況を調べています。

この影響で、山陽新幹線は、新大阪駅と新神戸駅の間の上下線で、40分余りにわたって運転を見合わせました。