「一目千本桜」小中学生が外国人観光客おもてなし 宮城 柴田町

「一目千本桜」小中学生が外国人観光客おもてなし 宮城 柴田町
宮城県内有数の桜の名所「一目千本桜」がある柴田町で、地元の小学生や中学生が外国人観光客に英語でおもてなしをする観光ボランティアに挑戦しました。
柴田町を流れる白石川沿いの桜並木とその周辺は一目千本桜と呼ばれ、毎年25万人が花見に訪れる桜の名所で、最近ではタイや香港など海外からの観光客も増えてきています。

14日は地元の小学生や中学生たち38人が観光ボランティアとなり、船岡城址公園や駅前など6か所で外国人観光客に声をかけていきました。

子どもたちは放課後の活動で基礎的な英会話を学んでいるということで、英語や中国語で書かれた観光パンフレットを手渡して説明したり、「写真を撮りましょうか」と英語で声をかけたりして、笑顔でもてなしていました。

参加した小学6年生の女の子は「英語を習っていますが、相手が何を話しているか分からないところが多かったです。これからも外国の人に親切にして、柴田町のきれいな桜を知ってもらいたいです」と話していました。