西武 源田 フルイニング出場 299試合でストップ

西武 源田 フルイニング出場 299試合でストップ
プロ野球 西武の源田壮亮選手が13日の試合で右手にデッドボールを受けた影響で、14日の試合の先発を外れ、新人の年の開幕戦から続いていたフルイニング出場の記録が299試合でストップしました。
源田選手は13日、埼玉県所沢市のメットライフドームで行われたオリックス戦の5回の第3打席で右の手首付近にデッドボールを受けました。

源田選手はこのあとも出場を続けましたが、球団によりますと、試合後も痛みがひかず13日夜、都内の病院で検査を受け、右手の関節の挫傷と診断されたということです。

源田選手は14日、試合前の練習には参加し、走塁やバントの練習を行いましたが、「まだ痛い」と話し、バッティングや守備の練習は行わず、先発から外れました。

源田選手は新人だったおととしの開幕戦からフルイニング出場を続け、長嶋茂雄さんが持っていた新人の年からのフルイニング出場の記録220試合を更新して13日までで299試合としていましたが、その記録がストップしました。

源田選手は、今シーズンここまで打率2割8分8厘、打点5の成績で、主力としてリーグ2連覇を目指すチームを引っ張っていました。