首相 福島の復興状況確認「東京五輪契機に世界に発信したい」

首相 福島の復興状況確認「東京五輪契機に世界に発信したい」
原発事故からの復興状況を確認するため、安倍総理大臣は14日午前、今月営業を全面的に再開する福島県内のサッカーのトレーニング施設を訪れました。そして、東京オリンピックを契機に、地域が復興した姿を世界に発信したいという考えを示しました。
東京電力福島第一原子力発電所の事故からの復興状況を確認するため、安倍総理大臣は14日午前、福島県楢葉町と広野町にまたがるサッカーのトレーニング施設、「Jヴィレッジ」を訪れました。

原発事故のあと、廃炉作業の拠点となっていた「Jヴィレッジ」は、今月20日に全面的に営業が再開される予定で、来年の東京オリンピックでは聖火リレーの出発地となっています。

安倍総理大臣は地元の高校生などと懇談し、「来年はいよいよ東京オリンピックで、この『Jヴィレッジ』から聖火リレーがスタートする。この地域が見事に復興を成し遂げた姿を、皆さんと一緒に発信していきたい」と述べました。

安倍総理大臣は、午後、福島第一原子力発電所の敷地内などを視察することにしています。

立民 枝野代表“原発ゼロ法案たなざらし 視察はパフォーマンス”

立憲民主党の枝野代表は、静岡県三島市で、記者団に対し、「視察自体は結構なことだと思うが、原発事故の反省と教訓を踏まえるなら、少なくとも、我々が提出している『原発ゼロ基本法案』を議論することに積極的であるのが当然で、たなざらしにしておきながら、いくら何をやっても、パフォーマンスとしか言いようがない」と述べました。