フィギュア 宇野「来季はジャンプのレベルアップに取り組む」

フィギュア 宇野「来季はジャンプのレベルアップに取り組む」
フィギュアスケートの宇野昌磨選手が今シーズンの最終戦、世界国別対抗戦から一夜明けた14日、「4回転ジャンプや連続ジャンプの種類を増やすなどしてレベルアップに取り組む」と、新たなシーズンへの意気込みを話しました。
宇野選手は、今シーズンの締めくくりとなる世界国別対抗戦のフリーで、世界で誰も成功させたことのないトリプルアクセルのあとに4回転トーループを付ける連続ジャンプに挑んだものの転倒し、その後もミスが続き結果は3位でした。

宇野選手は14日、福岡市で取材に応じ、「今シーズンはプレッシャーを感じながらの試合が続き、自分の弱いところに気付いた。今後、自分がどうしていきたいか分かったシーズンだった。もっと笑顔で終われる試合を増やしたい」とシーズンを振り返りました。

そして「男子はジャンプのレベルアップが速いので、オフシーズンにはジャンプのレベルアップに取り組まないといけない。トリプルアクセルから4回転トーループの連続ジャンプは絶対に構成に組み込みたいし、4回転のループかルッツを習得したい。5回転トーループはできるかわからないが、新しいことに取り組んでいるときがいちばん楽しいので、それが5回転ジャンプの練習かもしれない」と、新たなシーズンに向けて意気込みを話していました。