フィギュア 紀平「来季は絶対に4回転ジャンプ跳びたい」

フィギュア 紀平「来季は絶対に4回転ジャンプ跳びたい」
フィギュアスケートの紀平梨花選手が今シーズンの最終戦、世界国別対抗戦から一夜明けた14日、「ジャンプの形を確立させるとともに、試合で絶対に4回転ジャンプを跳びたい」と来シーズンへの決意を話しました。
紀平選手は、今シーズンを締めくくる世界国別対抗戦の女子シングルのショートプログラムで、自身の持つ今シーズンの世界最高得点を更新したものの、フリーではジャンプで2回転倒するなどのミスが響き5位に終わりました。

紀平選手は試合から一夜明けた14日、福岡市で取材に応じ、シニアデビューでグランプリファイナル優勝などを果たした飛躍の今シーズンを振り返りました。

この中で、「今までのどのシーズンよりも長く感じたが、とてもいい経験ができた。一方で、どの試合でも調整不足などの問題が起きて、一定の状態で演技に臨むことができなかった。シーズンオフの間に自分に合った調整方法を見つけたい」と課題を口にしました。

そのうえで、「トリプルアクセルをはじめとしたジャンプの跳び方もスケート靴やリンクの氷の感覚が変わるたびに違う跳び方に変えてしまい、安定しなかった。もっとジャンプの形を確立させたい。
4回転ジャンプにじっくり取り組むことができるので、しっかり練習して試合で絶対に跳びたい」と来シーズンへの決意を話していました。