訪問介護のヘルパー 半数がハラスメント被害経験

訪問介護のヘルパー 半数がハラスメント被害経験
k10011883411_201904140740_201904140803.mp4
訪問介護のヘルパーのおよそ半数が利用者から暴力などのハラスメントの被害を受けた経験があることがわかりました。
これは民間のシンクタンク「三菱総合研究所」が厚生労働省の補助金を受けてことし2月に行った実態調査で、「訪問介護」や「特別養護老人ホーム」などの介護現場で働く人1万人余りが回答しました。

調査結果によりますと、このうち「訪問介護」ではおよそ半数のヘルパーが利用者からハラスメントの被害を受けた経験があると答えました。

被害の内容は攻撃的な態度や人格の否定など「精神的暴力」が81%と最も多く、物を投げつけるといった「身体的暴力」が42%、不必要な体の接触などの「セクハラ」が37%となっています。

また、ハラスメントを受けて仕事を辞めたいと思ったことがあるという人がおよそ3割に上りました。

シンクタンクでは調査結果とともに被害を防ぐための事業所向けのマニュアルも作成し、複数で訪問することや何がハラスメントに当たるかあらかじめ利用者に伝えること、悪質なケースは契約を解除することなど対応策を示しています。

厚生労働省は「マニュアルを介護現場で活用して職場環境の改善につなげてもらいたい」としています。