プロ野球結果 ヤクルトが首位に返り咲く 巨人に勝利

プロ野球結果 ヤクルトが首位に返り咲く 巨人に勝利
プロ野球はデーゲーム6試合が行われ、セ・リーグではヤクルトが巨人に勝って1日で首位に返り咲きました。

セ・リーグ

巨人対ヤクルトはヤクルトが11対6で勝ちました。
ヤクルトは1点を追う7回、バレンティン選手がこの日2本目のホームランとなる3号スリーランを打って逆転しました。2人目のマクガフ投手が2勝目です。ヤクルトは巨人と1日で入れかわって首位に返り咲きました。
巨人は4点差を追いつき、6回に勝ち越しましたが、リリーフ陣が打ち込まれました。

DeNA対広島は広島が6対1で勝ちました。
広島は同点の3回、西川選手の犠牲フライと安部選手のタイムリーで2点を勝ち越し、4回には鈴木選手が満塁のチャンスで走者一掃のタイムリーツーベースを打ち突き放しました。先発の床田投手は変化球にキレがあり、1回の先頭打者ホームランによる1点におさえ、プロ初完投で2勝目をあげました。広島の連敗は5でストップです。DeNAは連勝が3で止まりました。

阪神対中日は中日が10対2で勝ちました。
中日は4回に京田選手、8回には堂上選手が満塁ホームランを打つなど今シーズン最多の17安打で10点をあげました。先発の柳投手は7回2失点で2勝目です。3連勝の中日は3年ぶりに勝ち越しを1としました。
阪神は岩貞投手が5回6失点と崩れ4連敗です。

パ・リーグ

楽天対ソフトバンクはソフトバンクが延長10回、1対0で勝ちました。
ソフトバンクは10回、2アウト一塁三塁のチャンスで代打・栗原選手が決勝のタイムリーを打ちました。先発のミランダ投手が7回無失点と好投し、森投手が5つ目のセーブをあげました。これでソフトバンクは楽天と同率で首位に並びました。
楽天は連勝が3で止まりました。

西武対オリックスはオリックスが10対3で勝ちました。
オリックスは同点の4回、西浦選手の犠牲フライで勝ち越すと、6回には福田選手のタイムリーで3点を加えるなど、今シーズン初めてのふた桁得点です。2人目の山崎福也投手は4回から登板して4イニングを無失点と好投し2年ぶりの白星をあげました。
西武は今井投手が6回途中7失点と試合を作ることができませんでした。

日本ハム対ロッテは日本ハムが3対0で勝ちました。
日本ハムは3回、大田選手の2点タイムリーで先制し、6回には相手のエラーで追加点をあげました。先発したバーベイト投手は5回無失点で来日初勝利。日本ハムは勝率を5割に戻しました。
ロッテはヒット4本におさえられ、三塁にランナーを進めることもできませんでした。これで3連敗です。

日本ハム 宮西投手「一緒にこの数字を喜びたい」

日本ハムの宮西尚生投手は13日行われたロッテ戦でプロ野球史上初の通算300ホールドを達成しました。

これについて宮西投手は「監督やコーチ、野手、先発投手のみんながつないでくれた結果、この数字になったと思うのでみんなと一緒にこの数字を喜びたい」と感謝の気持ちを述べたあと、「これからプロ野球を目指す子どもたちの目標となるような数字をこれからもっと作っていきたい」と意気込んでいました。

そのうえで「球は速くない、コントロールもすごい、いいわけではない自分がおさえてきたのは調子に合わせて腕の位置など、フォームを変えられる器用さがあったからだと思う。また、あすから301ホールドを目指して投げていきたい」と話していました。