卓球 水谷「継続してプレー難しい」 目の不調で心境語る

卓球 水谷「継続してプレー難しい」 目の不調で心境語る
リオデジャネイロオリンピックの卓球で2つのメダルを獲得した水谷隼選手が世界選手権に向けた練習公開で取材に応じ、自身の目の不調について「今の状態だと、なかなか継続してプレーできないかもしれない」と心境を語りました。
水谷選手は、ことし1月の全日本選手権で10回目の優勝を果たしたあと、去年の初めごろから客席が暗く、卓球台に照明が当たったり、LEDの看板が近くにあったりした会場の場合、ボールが見えにくくなるなど、目に不調を感じていたことを明らかにしていました。

13日は東京 北区で世界選手権に向けた日本代表の練習公開のあと、報道陣の取材に応じました。

水谷選手は目の状態について「つらい部分もすごくある。ことしで全日本選手権に出場するのを最後にすると決めたのも、目の影響がものすごく大きい。今の状態だとなかなか継続してプレーできないかもしれない」と心境を語りました。

水谷選手は、照明などの影響を避けるため、サングラスをかけて試合に臨むこともあり、今月21日からの世界選手権について「新しいサングラスを用意してもらい、少しずついい状態になってきている。今回は多くのサングラスを持って行くので、1ゲームごとに替えながらプレーしようと考えている」と話しました。

そして「現役生活は東京オリンピックに出場できればオリンピックで終わるし、出場できなければ、その時点で終わる。個人戦の世界選手権に出場するのは今回が最後になるので、最後の1球まで悔いのないようにプレーしたい」と述べ、2年に1回行われる世界選手権の個人戦への出場は、今回が最後になるとの考えを示しました。