日本ハム 吉田輝星 ロッテとの2軍戦に先発 3回2失点

日本ハム 吉田輝星 ロッテとの2軍戦に先発 3回2失点
プロ野球・日本ハムのドラフト1位ルーキー、吉田輝星投手がロッテとの2軍の試合に先発して、コントロールに苦しみ3回2失点でしたが、高校時代に甲子園で対戦した藤原恭大選手からは2打席連続で三振を奪いました。
吉田投手は千葉県鎌ケ谷市で行われた2軍の公式戦、イースタンリーグのロッテ戦に2試合目となる先発のマウンドに上がりました。

1回は去年夏の甲子園決勝で対戦したドラフト1位ルーキーの先頭・藤原選手から3球で三振を奪いましたが、続くバッターに先制のホームランを打たれました。

2回にも2アウト二塁で再び藤原選手を迎え、ここでも3球三振にしとめ、無失点で切り抜けました。

しかし3回は、先頭にこの試合4つ目となるフォアボールを与えたあと、1アウト一塁三塁とされ、犠牲フライで2点目を失いました。

吉田投手は3回を投げて2失点、打たれたヒットはホームランを含めて2本、三振は3つ奪いましたが、フォアボールを4つ出し、毎回得点圏にランナーを背負う苦しいピッチングでした。

「変化球が甘かった」

日本ハムの吉田輝星投手はロッテの藤原恭大選手との対戦について「同じ高卒でプロに入ったライバルという意識で対戦し、絶対に打ち取ってやるという気持ちを感じながら投げた」と振り返りました。

今後に向けては「だいぶ変化球を投げたが、きょうは全体的に甘かった。先頭バッターと2アウトを取ってからのフォアボールが目立つので、しっかりなくしたい。あとはホームランを打たれたバッターの次の打席で逃げ腰になってしまったので、気をつけられればと思う」と話していました。