米兵 交際していた日本人女性殺害し自殺か 沖縄 北谷町

米兵 交際していた日本人女性殺害し自殺か 沖縄 北谷町
k10011883081_201904131508_201904131508.mp4
13日朝、沖縄県北谷町のマンションで、アメリカ軍の兵士と交際していた日本人の女性の男女2人が死亡しているのが見つかり、警察は現場の状況などから、兵士が女性を殺害したあと自殺したとみて、詳しいいきさつを調べています。
13日午前7時半ごろ、沖縄県北谷町桑江にあるマンションの1室でトラブルがあったようだと警察に通報があり、警察官が駆けつけたところ、寝室で血を流して倒れている男女2人を見つけ、まもなく死亡が確認されました。

警察によりますと、死亡したのは沖縄に駐留するアメリカ海兵隊所属の32歳の兵士と、この部屋の住人で兵士と交際していた日本人の44歳の女性です。当時、室内には女性の子どもがいましたが、けがはないということです。

部屋からは血の付いた刃物が見つかっていて、警察は現場の状況から、兵士が女性を刃物で刺して殺害したあと自殺したとみて、詳しいいきさつなどを調べています。

アメリカ海兵隊は「大変悲しい事件であり、軍の捜査部門が沖縄県警の捜査に全面的に協力している」とコメントしています。

現場は国道近くの飲食店やマンションなどが建ち並ぶ一角で、周辺には複数のアメリカ軍基地があります。

現場近くの住民「驚いている」

現場近くに住む20代の女性は「この辺りには外国人がたくさん住んでいて、みんな優しく治安も悪くはないと思いますが、こういう事件があると怖いです」と話していました。

また、30代の男性は「この辺りは明るくて危ないところではないと思っていたので、事件があったと聞いて驚いています」と話していました。

外務次官「極めて遺憾」 駐日米大使「捜査に協力」

事件を受けて、外務省の秋葉事務次官は13日午後、アメリカのハガティ駐日大使に電話し「極めて遺憾だ」と強く抗議したうえで、警察の捜査への協力と綱紀粛正や再発防止の徹底を申し入れました。

これに対し、ハガティ大使は深い遺憾の意を示したうえで、「捜査に全面的に協力し、再発防止のためにできることはすべて行う」と応じました。