桑田さん 34年ぶり母校PL学園ユニフォーム姿でプレー

桑田さん 34年ぶり母校PL学園ユニフォーム姿でプレー
k10011883071_201904131919_201904131920.mp4
元高校球児たちが甲子園球場で戦う「マスターズ甲子園」への出場を目指すPL学園のOBチームが13日、大阪 大東市で練習試合を行い、野球部のOB会長を務める桑田真澄さんが、34年ぶりに母校のユニフォーム姿でプレーしました。
PL学園の野球部は甲子園で春夏通算7回の優勝を誇る強豪でしたが、部内の不祥事などが続き、3年前から休部しています。

野球部のOB会は部活動の再開を求めていて、桑田さんがことし、OB会長に就任しました。桑田さんは清原和博さんとの「KKコンビ」で、甲子園には春夏5大会連続で出場して2回の優勝に貢献し、卒業後は巨人のエースとして活躍したほか、大リーグのパイレーツでもプレーしました。

13日はPL学園のOBチームと関西創価高校のOBチームによる練習試合が行われ、桑田さんは34年ぶりに母校のユニフォームを着て「4番・ピッチャー」で先発出場しました。

桑田さんは1回を投げ、守備の乱れもあって1点を失いましたが、現役時代をほうふつとさせる巧みな投球術で2つの三振を奪いました。

マウンドを降りたあとはショートの守備について軽快なグラブさばきを見せ、打つほうでは2打数1安打1打点の活躍でした。

試合はPL学園OBチームが23対10で勝ちました。

桑田さんは「先輩や後輩と同じユニフォームを着て、同じグラウンドでプレーできてとてもうれしかったです。甲子園は野球選手の憧れの場所なので、そこに立てるよう頑張りたい」と話していました。

PL学園OBチームは今月21日に大阪府予選の初戦を迎えます。