JR常磐線快速 停車駅で240mオーバーラン 運転士が居眠りか

JR常磐線快速 停車駅で240mオーバーラン 運転士が居眠りか
13日朝、JR常磐線の快速列車が千葉県の柏駅で停車位置をおよそ240メートル行き過ぎました。JR東日本は運転士が居眠りをしていた可能性があるとみて、詳しく調べています。
13日午前8時前、東京の上野駅から茨城県の取手駅へ向かっていたJR常磐線の快速列車が途中の柏駅で停車位置をおよそ240メートル行き過ぎて止まりました。

JR東日本によりますと、駅のホームに入る際、車掌がスピードが落ちていないことに気付き、非常ブレーキをかけたということです。

乗っていたおよそ300人にけがはなく、列車はバックして停車位置に戻ったあと、5分遅れで運転を再開しました。

JRは運転士の男性が聞き取りに対し、「一時的に睡魔に襲われた」などと話していることから、居眠りをしていた可能性があるとみて、詳しく調べています。

JR東日本東京支社は「お客さまにご迷惑をおかけし、おわび申し上げます」としています。