熊本地震あすで3年 2度の震度7 益城町に献花台

熊本地震あすで3年 2度の震度7 益城町に献花台
一連の熊本地震の発生から14日で3年となるのを前に、震度7の揺れに2度襲われた熊本県益城町で献花台が設けられました。
熊本県益城町は3年前の4月14日と16日に2度にわたって震度7の揺れに襲われ、町内では災害関連死を含めて45人が死亡したうえ、住宅の98%が被害を受けました。

一連の熊本地震の発生から14日で3年となるのを前に、町の施設に13日から献花台が設けられ、西村博則町長などが花を供えて両手を合わせ犠牲者を悼みました。

益城町によりますと、先月末の時点でも1484世帯3473人の町民が仮設住宅などでの避難生活を余儀なくされているということです。

西村町長は「熊本地震では多くの人が大切なものをなくしましたが、お互いに支え合うことを学びました。復興は道半ばですが、にぎわいがあり、行ってみたいと思ってもらえる益城町をつくっていきたいです」と話していました。

献花台は今月16日まで設けられます。