トランプ大統領「不法移民の移送を検討」 野党支持の地域に

トランプ大統領「不法移民の移送を検討」 野党支持の地域に
アメリカのトランプ大統領は、メキシコ国境からの不法移民を野党・民主党の地盤のカリフォルニア州などに移送することを検討していると明らかにしました。トランプ政権の不法移民対策に反対する民主党支持者が多い地域に対応を押しつける形で、政治的な報復だなどと波紋を呼んでいます。
アメリカとメキシコの国境では、中米などからアメリカへの不法移民が後を絶たず、国境警備当局によりますとことしに入ってから先月までに不法入国で拘束された人はおよそ20万人と、去年の同じ時期の倍近くに増えています。

トランプ大統領は、12日、「民主党のせいで不法移民対策が進まない。彼らが不法移民に寛容だというなら、受け入れてもらおう。それでハッピーなら」と述べました。そのうえで民主党の地盤でリベラル色が強くトランプ政権の不法移民対策に反対するカリフォルニア州などの、「聖域都市」と呼ばれる受け入れに寛容な地域に拘束した不法移民を移送することを検討していると明らかにしました。

トランプ大統領は、メキシコとの国境に壁を建設することなど強硬な不法移民対策を掲げていますが、民主党が反対しています。

トランプ大統領の今回の発言は、民主党支持者が多い地域に対応を押しつける形で民主党への政治的な報復だという指摘も出て波紋を呼んでいます。