長期政権崩壊のスーダン 安保理で軍統治への理解求める

長期政権崩壊のスーダン 安保理で軍統治への理解求める
軍によるクーデターで、長期政権が崩壊したアフリカのスーダンについて、国連の安全保障理事会で話し合いが行われ、スーダンの代表は、市民主導の権力の移行には、時間が必要だとして、軍主導の評議会による統治に理解を求めました。
アフリカのスーダンでは、反政府デモを背景に11日、軍がクーデターを起こし、30年にわたり政権を率いてきたバシール大統領を解任しました。

軍は、2年後に選挙を行うまで、軍が主導する評議会が国を統治すると発表しましたが、これに市民は反発してデモを続けており、アメリカも早期の権力の移行が必要だという認識を示しています。

こうした中、ニューヨークの国連の安全保障理事会では、スーダンについて話し合いが行われ、スーダンの代表は「軍が主導する評議会は、変化を求めるスーダン国民の願いに応え、国民の幸福と生活を守るために力を尽くしている」と述べました。

そして、「いかなる民主的なプロセスも時間が必要だ。平和的な政権移行のために支援してほしい」と述べ、市民主導の権力の移行には、時間が必要だとして、軍の統治について各国に理解を求めました。

安保理の議長国を務めるドイツの代表は、記者団に対して「状況は非常に流動的だが、国民の意思を反映して、政治的に解決しなければならない」と述べ、安保理として、軍が主導する評議会の動向を注視する考えを示しました。