目の中から生きたハチ4匹が… 台湾の女性がとんだ被害に

目の中から生きたハチ4匹が… 台湾の女性がとんだ被害に
k10011882731_201904130653_201904130654.mp4
台湾で、目が痛いと病院にやってきた女性を診察したところ、左目の中からなんと生きたハチ4匹が見つかりました。ハチは人間の涙に含まれるたんぱく質を食べる「コハナバチ」でした。
被害にあったのは、台湾南部の高雄に住む20代女性で、先月30日、外出中に左目の中に何かが入ったのを感じました。

その後、左目が大きく腫れて刺すような痛みを感じたため、病院で見てもらったところ、まぶたの裏からハチ4匹が見つかりました。
しかもハチは、目の中で生きていました。

見つかったのは体長約3ミリの「コハナバチ」でした。人間の涙や汗に含まれるたんぱく質を好んで食べる性質があるということです。

女性は使っていたコンタクトレンズが壊れたのではないかと思い、目をこすらずに病院に行ったということで、専門家はそれが幸いだったと指摘しています。

「もし目をこすっていればハチが驚いて、毒針で目を刺し失明するおそれもあった」ということです。

目の中にいたハチのせいで角膜が大きくただれ、女性の視力は一時0.1以下にまで下がりましたが、3日後には0.8まで回復し退院したということです。