住民票 旧姓もOK 11月からスタート 働く女性に配慮

住民票 旧姓もOK 11月からスタート 働く女性に配慮
k10011882691_201904130510_201904130512.mp4
結婚後、旧姓で仕事を続ける女性が増えていることを踏まえ、政府は、ことし11月から住民票やマイナンバーカードに、本人が希望して届け出を行えば、旧姓を載せられるようにすることにしています。
女性の社会進出に伴って、結婚後、旧姓で仕事を続ける女性が増えていますが、住民票など行政機関が発行する証明書には旧姓の記載が認められていないため、給与振り込みの銀行口座の開設など、さまざまな手続きが円滑に行えないという指摘が上がっていました。

こうしたことを踏まえ、政府は、本人が希望して届け出を行えば住民票やマイナンバーカードに旧姓を載せられるようにすることとし、住民基本台帳法の施行令などを改正しました。

こうした措置が始まるのはことし11月5日からで、住んでいる市区町村の窓口で、戸籍謄本や戸籍抄本を示す必要があります。

総務省は「ホームページや自治体の窓口を通じて広報を行って、必要な皆さんに手続きをしてもらえるようにしたい」としています。