G20 2日目 日本 経常収支不均衡への対処で協調呼びかけ

G20 2日目 日本 経常収支不均衡への対処で協調呼びかけ
アメリカのワシントンで開かれているG20=主要20か国の財務相・中央銀行総裁会議は、2日目の協議が始まりました。議長国の日本は貿易摩擦の背景にある経常収支の不均衡の問題に各国が協調して取り組むことを呼びかける方針です。
ワシントンで開かれているG20は、日本時間の12日午後11時前から2日目の議論に入りました。

アメリカと中国などの貿易をめぐる対立で、G20の結束力が問われる事態が続く中、議長国の日本は、背景にある経常収支の不均衡の問題を主な議題に取り上げています。

日本としては、2国間の貿易赤字だけでなく、サービス収支なども含めた経常収支全体の問題と位置づけ、各国が経済の構造改革を進めるなど協調して是正に取り組むよう訴えることにしています。

このほか、世界的に活動する大手IT企業に対する課税の在り方や、仮想通貨の規制をめぐる連携の強化なども話し合われる予定です。

2日目の協議のあと、共同議長を務める麻生副総理兼財務大臣と日銀の黒田総裁がそろって記者会見する予定で、6月の大阪サミットに向けて各国の結束をどこまで打ち出せるかが注目されます。