プロ野球 セ・リーグは巨人が首位返り咲き

プロ野球 セ・リーグは巨人が首位返り咲き
プロ野球は6試合が行われ、セ・リーグは巨人が首位に返り咲き、パ・リーグでは楽天が単独首位に立ちました。

セ・リーグ

(巨人 対 ヤクルト)
巨人が6対1で勝ちました。

巨人は同点の3回、坂本勇人選手の3号ソロで勝ち越すと、4回には亀井選手の2号ソロ、5回にも代打、阿部選手の2点タイムリーツーベースなどで3点を追加しました。

先発のエース、菅野投手は7回1失点で2勝目を挙げ巨人が首位に返り咲きました。

ヤクルトは小川投手が5回6失点と崩れて連勝が3で止まり2位に後退です。

(DeNA 対 広島)
DeNAが6対0で勝ちました。
DeNAは3回、楠本選手のタイムリーツーベースで先制すると、6回には伊藤光選手が1号ツーランを打つなどリードを広げました。

先発の今永投手はストレート、変化球ともに抜群でヒット1本に抑える好投を見せ、2年ぶりの完封勝利を挙げました。DeNAは3連勝です。広島は投打ともに元気なく5連敗です。

(阪神 対 中日)
中日が9対4で勝ちました。

中日は4番のビシエド選手が4回と6回に2打席連続となるツーランホームランを打つなど4打点を挙げる活躍でした。

先発の笠原投手は6回を投げてヒット2本1失点で初勝利。チームは今シーズン初の連勝です。

阪神はメッセンジャー投手が6回6失点と打ち込まれ、3連敗となりました。

パ・リーグ

(楽天 対 ソフトバンク)
楽天が4対2で勝ちました。

楽天は同点の8回、相手のパスボールと田中選手のスクイズで2点を勝ち越しました。

8回に5人目で登板したハーマン投手が3人で抑えて2勝目。9回を締めた松井投手は5つ目のセーブを挙げました。3連勝の楽天は単独首位に浮上です。

ソフトバンクは千賀投手が7回2失点で14個の三振を奪いましたが、2人目のモイネロ投手が誤算でした。

(西武 対 オリックス)
西武が1対0でサヨナラ勝ちしました。

西武は0対0で迎えた9回、1アウト一塁二塁から相手のエラーで決勝点を挙げました。

先発の多和田投手はヒット2本に抑え、完封で今シーズン初勝利。西武は今シーズン初のサヨナラ勝ちで勝率を5割に戻しました。

オリックスは打線が振るわず、最後はショートの福田選手が一塁に悪送球して敗れました。

(日本ハム 対 ロッテ)
日本ハムが4対1で勝ちました。

日本ハムは同点の6回、近藤選手の犠牲フライと中田選手と横尾選手のタイムリーツーベースで3点を勝ち越しました。先発の上沢投手は7回1失点で開幕2連勝です。

また、ヤクルトから移籍した秋吉投手が2年ぶりにセーブを挙げました。ロッテは7回の満塁のチャンスで得点を挙げられないなど、チャンスを生かせませんでした。