自民 二階幹事長 首相の親書携え訪中へ 習主席との会談調整

自民 二階幹事長 首相の親書携え訪中へ 習主席との会談調整
自民党の二階幹事長は、今月24日から安倍総理大臣の特使として親書を携え中国を訪問することを発表しました。習近平国家主席と会談したい考えです。
二階幹事長は、今月24日から6日間の日程で安倍総理大臣の特使として北京と上海を訪れ、中国が提唱する巨大経済圏構想「一帯一路」をテーマにした国際会議に出席するほか、安倍総理大臣の親書を携えて中国政府の要人と会談することを発表しました。

二階氏としては習近平国家主席と会談したい考えで、調整が行われています。

二階氏は記者団に対し「日中両国の交流を重ねていくことが大事だ。一帯一路の構想について日本の考え方を伝達するつもりだ」と述べました。

そのうえで、ことし6月のG20大阪サミットに合わせて日中両国の間で調整が進められている習主席の日本訪問に向けて環境整備を図る考えを示しました。