日産・ルノー 中国に自動運転の開発拠点

日産・ルノー 中国に自動運転の開発拠点
自動運転技術の開発競争が世界的に激しくなる中、日産自動車とルノーは、自動運転に欠かせないAI=人工知能の分野で先行する中国に、新たな研究開発拠点を設けました。
発表によりますと、日産とルノーは中国 上海に自動運転の技術などを研究開発する拠点を共同で設立しました。

中国は、自動運転に欠かせないAIの分野に国家ぐるみで力を入れていて大手企業「百度」の開発プロジェクトに、世界各国の自動車メーカーなどが参画するなど、アメリカと並んでこの分野で先行しています。

このため、日産とルノーは中国で自動運転の研究開発を進め、中国向けだけでなく、世界各国で販売する車に活用していく計画で、AI技術に優れた人材を現地で確保するねらいもあるということです。

中国は世界最大の自動車市場でもあることから、BMWが去年研究開発の拠点を作ったほか、トヨタ自動車も中国で研究開発を行う検討を進めるなど、大手メーカーの動きが活発になっています。