鈴木五輪相 小池知事に陳謝「もう一度挽回したい」

鈴木五輪相 小池知事に陳謝「もう一度挽回したい」
11日就任した鈴木オリンピック・パラリンピック担当大臣は、東京都の小池知事と会談し、桜田前大臣の事実上の更迭で、大会のイメージに傷をつけたとして陳謝したうえで、「もう1度挽回したい」と述べ、大会の成功に向けて連携を呼びかけました。
桜田前大臣の事実上の更迭を受けて、11日就任した鈴木オリンピック・パラリンピック担当大臣は12日午後、東京都庁を訪れ、小池知事と会談しました。

この中で、鈴木大臣は「担当大臣が交代する過程で、オリンピックに対するイメージを若干傷つけ、開催都市である東京都の皆さんにも、おわび申し上げたい」と陳謝しました。

そのうえで「ちょっとつまずいたが、まだ500日近くあるので、もう一度挽回し、オリンピックの機運醸成に一生懸命頑張っていきたい」と述べ、大会の成功に向けて連携を呼びかけました。

これに対し、小池知事は「残された期間、国民や都民、被災地の皆さんとともに、しっかり連携を取らせてもらい成功に導ければと思う」と応じました。