日産資金移動のメール詳細 送金にゴーン前会長「ありがとう」

日産資金移動のメール詳細 送金にゴーン前会長「ありがとう」
日産自動車のゴーン前会長が特別背任の疑いで再逮捕された事件で、日産の資金が前会長側に還流していたことをうかがわせるメールの詳しいやり取りが関係者への取材で明らかになりました。東京地検特捜部は日産の資金が支出されたオマーンの販売代理店の経理書類も入手しているということで、不正な資金の還流を裏付けるものとみて調べています。
日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者(65)はオマーンの販売代理店に日産から支出させた資金の一部をみずからが実質的に保有するレバノンのペーパーカンパニーに還流させていたとして、特別背任の疑いで東京地検特捜部に再逮捕されました。

ペーパーカンパニーは、前会長と親しいレバノンの弁護士が設立して口座などを管理し、代理店のインド人幹部の個人口座などを通じて日産の資金が送金されたとみられていますが、特捜部が代理店の経理資料や資金移動に関するメールを入手し、その詳しいやり取りが関係者への取材で明らかになりました。

それによりますと、弁護士はおととし4月、代理店のインド人幹部に「ことし受け取る予定の金額は125万ドルです」と金額を指定するメールを送り、翌5月にも「送金についての情報はありますか?」などとメールで問い合わせていたということです。

この問い合わせの翌日、125万ドルが代理店から代理店の株主口座に移され、その後、同額がインド人幹部の個人口座を通じてペーパーカンパニーの口座に送金されていたということです。

そして、弁護士は125万ドルの送金を確認するとすぐにゴーン前会長にメールで報告し、前会長は「ありがとう」と返信していたということです。

日産から代理店には、このやり取りの翌月の7月に500万ドルが送金され、特捜部はこの中に代理店が前会長側に先払いした125万ドルが含まれているとみて再逮捕しました。

特捜部は、不正な資金の還流を裏付けるメールのやり取りとみて捜査を進めています。