米の生産者団体 日本向け豚肉の輸出不利 有利な条件求める

米の生産者団体 日本向け豚肉の輸出不利 有利な条件求める
k10011881691_201904121224_201904121247.mp4
アメリカの豚肉の生産者団体は、アメリカが離脱したTPP=環太平洋パートナーシップ協定が発効したことで日本向けの売り上げが減少したとして、アメリカ政府と議会に対し、TPPより有利な条件で日本との交渉をまとめるよう求めました。
アメリカの豚肉の生産者団体、「全米豚肉生産者協議会」のジョルダーノ副会長は11日、日米の貿易協定の締結に向けた交渉を前に、NHKのインタビューに応じました。

この中で、アメリカが離脱したTPPが去年12月に発効した影響について、「すでに日本での売り上げが減っている。非常にがっかりしている」と述べ、日本向けの関税が下がったTPPの加盟国と比べて、アメリカから日本への輸出が不利になっていると、強い不満を示しました。

そのうえで「今週ワシントンに全米の100以上の豚肉の生産農家が集まり、できるかぎり早く日本との貿易協定を締結してほしいと伝えた。ほかの国と同じか、それよりもよい条件で輸出したい」と述べ、日本との交渉でTPPを上回る有利な条件を勝ち取るよう、政府や議会に求めたことを明らかにしました。

このため来週始まる日米の貿易交渉では、こうした農業界の声を受けたトランプ政権が、日本に対して厳しい要求を突きつけてくることも予想されます。