菅官房長官「WTO報告書は遺憾 敗訴に当たらず」

菅官房長官「WTO報告書は遺憾 敗訴に当たらず」
k10011881671_201904121347_201904121349.mp4
韓国政府による福島など8県の水産物の輸入禁止をめぐり、WTO=世界貿易機関の上級委員会が韓国側に是正を求めた1審の判断を取り消す報告書を公表したことについて、菅官房長官は、記者会見で、遺憾だとしたうえで、日本産食品が科学的に安全だとする事実認定は維持されており、敗訴との指摘はあたらないと強調しました。
原発事故による汚染水問題を理由に、韓国政府が福島など8つの県の水産物の輸入を禁止していることについて、WTOの上級委員会は、韓国側に是正を求めた、1審にあたる小委員会の判断を取り消すとした報告書を公表しました。

これについて、菅官房長官は、「韓国側の輸入規制措置がWTO協定に違反するとした1審の判断が取り消されたことは事実で、わが国の主張が認められなかったことは誠に遺憾だ」と述べました。

そのうえで「日本産食品は科学的に安全で、韓国の安全基準を十分クリアするものだとの1審の事実認定は維持されており、韓国が措置を強化した際に周知義務などを果たさなかったことを協定違反と認めた1審の判断も支持されている。したがって、わが国が敗訴したとの指摘はあたらない」と述べました。

また、菅官房長官は、農林水産物や食品の年間の輸出額を1兆円に増やすとした政府の目標の達成が視野に入ってきているとしたうえで、「原発事故に伴う諸外国の輸入規制措置の撤廃・緩和は大変重要な課題だ。撤廃・緩和が進むよう粘り強く働きかけていきたい」と述べました。