韓国「WTOの判断を高く評価」 8県の水産物輸入禁止維持へ

韓国「WTOの判断を高く評価」 8県の水産物輸入禁止維持へ
原発事故による汚染水問題を理由に韓国政府が福島など8つの県の水産物の輸入を禁止していることについて、WTO=世界貿易機関の上級委員会が韓国側の主張を認めたことを受けて、韓国政府はこれを評価し輸入規制を維持するというコメントを発表しました。
東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、韓国政府は、水産物への汚染が懸念されるとして、2013年から福島県など8つの県の水産物の輸入を禁止しています。

これに対して日本政府は規制は不当だとしてWTOに提訴し、1審にあたる小委員会は韓国側に是正を求める判断が示されましたが、上級審にあたる上級委員会は11日、小委員会の判断には誤りがあるとして、これを取り消す報告書を公表しました。

WTOの紛争処理は2審制であることから、韓国側が事実上勝訴したことになり、韓国外務省は12日朝、「WTOの判断を高く評価し、歓迎する。政府の努力が反映された結果だ」というコメントを発表しました。

そのうえで「輸入規制はそのまま維持され、8県のすべての水産物は輸入が禁止される。今後も韓国政府は輸入食品の安全管理に最善を尽くす」としています。

WTOの判断に先立ち、韓国では日本側の主張が認められるのではないかという観測が広がっていたため、地元メディアは「当初の予想が覆された」、「逆転勝訴だ」などと大きく伝えています。

韓国政府の対応と受け止め

韓国政府は、東京電力福島第一原子力発電所の汚染水問題を理由に、2013年から福島県など8つの県の水産物の輸入をすべて禁止していることについて、「国民の食の安全を守るための措置であり、国際的にも認められる対応だ」などとして、WTOに対してもみずからの立場の正当性を繰り返し主張してきました。

去年2月、WTOの第1審にあたる小委員会が日本側の主張を認めて韓国側に是正を求める判断を示すと、韓国政府はこれを不服として、第2審にあたる上級委員会に速やかに上訴しました。

ただ、今回の判断については、韓国側に不利だとする見方が国内でも少なくなかっただけに、政府にとっても「予想外」だったことがうかがえます。

ムン・ソンヒョク海洋水産相は、先月末の国会答弁で議員の1人が「敗訴する確率が高いと予想されているが、その場合どう対応するのか」と問いただしたのに対し、「敗訴しても最長で15か月の猶予期間があり、それを最大限活用して国民の安全と健康を最優先した対策を用意する」と述べていました。

また、別の韓国政府の関係者も、「勝訴するのは容易ではないと考え、最悪のケースを想定して準備してきた」と打ち明けています。

政府関係者の間では、事実上の勝訴という結果に安ど感が広がっており、今回の判断を受けて現在の輸入規制をそのまま維持する方針です。