河野外相 韓国大使と会談「2国間協議で輸入禁止撤廃を」

河野外相 韓国大使と会談「2国間協議で輸入禁止撤廃を」
韓国政府による福島県などの水産物の輸入禁止をめぐり、WTO=世界貿易機関で事実上敗訴したことを受けて、河野外務大臣は韓国の駐日大使と12日朝、外務省で会談しました。河野大臣は「判断は誠に残念だ」と述べたうえで、今後は2国間協議で輸入禁止の撤廃を働きかけていく考えを伝えました。
原発事故による汚染水問題を理由に、韓国政府が福島など8つの県の水産物の輸入を禁止していることについて、WTO=世界貿易機関の上級委員会は規制は不当だとする日本の主張を退け、日本が事実上敗訴した形となりました。

河野外務大臣は12日朝、韓国のイ・スフン(李洙勲)駐日大使と外務省で会談し、今回のWTOの判断について「誠に残念だ」と述べました。

そのうえで、河野大臣は「ただ、日本産食品は科学的に安全であり、韓国の安全基準を十分クリアするものとした事実認定が維持されたことは喜ばしい。今後は韓国との2国間協議を通じ輸入禁止の撤廃を働きかけていきたい」と述べました。

韓国大使「両政府の立場確認」

韓国政府による福島県などの水産物の輸入禁止をめぐるWTO=世界貿易機関の判断が示されたことを受けて、河野外務大臣を訪ねた韓国のイ・スフン駐日大使は、記者団に対し「判断に関連する日本政府の立場を聞き、韓国政府の立場を伝えた」と述べるにとどまり、WTOの判断をどう評価するかという質問には答えませんでした。

安全認められ規制撤廃求める

河野外務大臣は、日本の食品が、韓国の安全基準をクリアするものとした事実認定は維持され、韓国側の輸入規制の根拠はなくなったとして、規制の早期撤廃を求めていく考えを示しました。

原発事故による汚染水問題を理由に、韓国政府が福島など8つの県の水産物の輸入を禁止していることについて、WTOの上級委員会は、韓国側に是正を求めた1審にあたる小委員会の判断を取り消すとした報告書を公表しました。

河野外務大臣は、記者会見で、「日本産の食品は韓国の安全基準を十分クリアするものとした小委員会の事実認定が維持されたことは重要だ。日本の食品が科学的に安全だということがはっきりしたので、韓国側が輸入規制を行う根拠はなくなった」と述べました。

そのうえで、「韓国政府が国際ルールを尊重する立場にあるならば、一刻も早く、規制を撤廃することになる。早期の撤廃を求めたい」と述べました。

一方で、記者団が、「事前の見通しが甘かったのではないか」と質問したのに対し、河野大臣は「小委員会の決定が上級委員会で覆ることは少なからずある。しっかり準備をして臨んだと思うが、これから報告書を分析していきたい」と述べました。