スコット・ウォーカーさん死去 代表作「太陽はもう輝かない」

スコット・ウォーカーさん死去 代表作「太陽はもう輝かない」
アメリカ生まれのバンドの元ボーカルで世界的にヒットした「太陽はもう輝かない」などの代表作で知られるスコット・ウォーカーさんが亡くなりました。76歳でした。
スコット・ウォーカーさんは、1943年にアメリカ中西部のオハイオ州で生まれ、60年代からバンド「ウォーカー・ブラザーズ」のメンバーとして活動しました。

ウォーカー・ブラザーズは「太陽はもう輝かない」や「涙でさようなら」などで世界的にヒットし、イギリスではビートルズと並ぶとも言われるほど人気を集めました。

その後、ウォーカーさんはソロ活動を開始し、実験的なアルバムをリリースしたり、映画音楽も手がけるなど幅広く活躍しました。

所属事務所は25日、ウォーカーさんが亡くなったと発表しました。
76歳でした。死因は明らかになっていません。

ネット上には死を悼む多くのメッセージが寄せられていて、このうち、イギリス出身のアーティスト、トム・ヨークさんは「本当に悲しい。ことばをどのように使えばいいのかは彼から学んだ。偉大な影響力を持った人だった」とコメントしています。