日銀決定会合 主な意見を公表「景気後退の動き強まる可能性」

日銀決定会合 主な意見を公表「景気後退の動き強まる可能性」
日銀が今月開いた金融政策決定会合では、中国など海外経済の減速がはっきりしてきているとして、国内経済に与える影響を懸念する意見が出ていたことが分かりました。
日銀は26日、今月14日と15日に開いた金融政策決定会合の主な意見を公表しました。

この中で、委員からは「海外経済は減速の動きが顕在化してきており、わが国経済の下振れリスクは足元明らかに厚くなっている」とか、「海外経済の動向によっては景気後退への動きが強まっていく可能性がある」などと、中国など海外経済の減速が国内経済に与える影響を懸念する意見が出ました。

これをうけて金融緩和の強化を求める委員もいましたが、「当面は慎重に景気動向を見極めつつ現行の緩和政策を息長く続けていくことが肝要だ」など、今の大規模な金融緩和策を支持する意見が相次ぎ、金融政策は維持されました。

日銀は今月の会合で輸出と生産の判断を下向きに修正する一方、ことし後半には海外経済が回復するなどとして国内の景気は緩やかな拡大が続くという見通しを示しています。