“宇宙服のサイズがない” 史上初の女性だけの船外活動中止

“宇宙服のサイズがない” 史上初の女性だけの船外活動中止
今週、歴史上初めて、女性宇宙飛行士のペアによる国際宇宙ステーションでの船外活動が行われる予定でしたが、2人の女性が着用するサイズの船外活動用の宇宙服が1着しかなかったため、急きょ、この計画が見送られることになりました。
NASA=アメリカ航空宇宙局は日本時間の今月29日、国際宇宙ステーションに滞在しているアメリカの女性宇宙飛行士、アン・マクレイン飛行士とクリスティーナ・コーク飛行士の2人の女性が、バッテリー交換などの船外活動を行う予定で準備を進めていました。

ところが2人の女性宇宙飛行士が着用する船外活動用の宇宙服が同じMサイズだということが、最近になってわかりました。

Mサイズの宇宙服は国際宇宙ステーションに1着しか装備されていなかったため、急きょ、この計画が見送られることになりました。

今回の船外活動は、歴史上初めて女性だけによる船外活動になるとして注目されていましたが、装備の不足という思わぬ形で取りやめられる事態となりました。

船外活動は、コーク飛行士と別の男性飛行士とのペアで行われるということです。