外国人の在留期間更新手続き 7月からネットでも

外国人の在留期間更新手続き 7月からネットでも
留学生などの外国人の在留期間を更新する手続きがことし7月からインターネットでもできるようになります。
日本で暮らす外国人が、在留期間を更新する際は、現在、各地の入国管理局で、申請しなければなりませんが、混雑して手続きに時間がかかるケースがあります。

また、来月から、外国人材の受け入れが拡大され、外国人の増加が予想されることもあって、法務省は、7月下旬からインターネットでも手続きを可能にすることになりました。

対象は「留学」や「研究」など、ほとんどの在留資格で、手続きは、外国人が勤める会社の職員などができるようにするということです。

来月設けられる新たな在留資格「特定技能」も今後、対象に加えられる見通しです。ただ、利用には、入国管理局での事前の審査が必要で、今月29日から行われます。

山下法務大臣は「外国人の皆さんが暮らしやすい日本を目指していきたい」と話しています。