桜田五輪相 震災発言を改めて陳謝「すべての皆さんにおわび」

桜田五輪相 震災発言を改めて陳謝「すべての皆さんにおわび」
桜田オリンピック・パラリンピック担当大臣は、東日本大震災の被害をめぐって事実と異なる発言をし、25日の参議院予算委員会で撤回したことについて、重ねて陳謝したうえで、東京大会に向けて被災地に寄り添った取り組みを進めていく考えを示しました。
桜田オリンピック・パラリンピック担当大臣は、先の千葉県内での会合で、東日本大震災のあと「国道交通網と高速道路が健全に動いていた」などと発言したことについて、事実と異なっていたとして、25日の参議院予算委員会で撤回しました。

これについて桜田大臣は、閣議のあとの記者会見で「今なお多くの方が避難をされている状況で、私の発言により不愉快の思いをされた被災者をはじめとするすべての皆さんにおわびを申し上げたい」と述べ、重ねて陳謝しました。

そのうえで桜田大臣は、「来年に迫った東京大会では、ホストタウンをはじめ被災地での競技の開催、『復興の火』の展示、聖火リレーのスタート、被災地産の食材、木材の利用など復興を後押しする取り組みを関連機関と連携して進めており、今後とも被災地に寄り添った取り組みを進めていきたい」と述べました。

立民 辻元国対委員長「不信任決議案提出タイミング計る」

立憲民主党の辻元国会対策委員長は、党の代議士会で「被災地の気持ちを全く踏まえないような現状認識の失言をしたが、『いつ、不信任決議案を出すのか』というタイミングを計らないといけないのではないか。『復興五輪』と言われているが、全く任に値しない」と述べました。

国民 原口国対委員長「閣僚継続はありえない」

国民民主党の原口国会対策委員長は、記者会見で「どれほど多くの人たちが、道路の寸断によって、二次被害を受けていたのかさえわからないような大臣に、これ以上閣僚を続けさせることはありえない。安倍総理大臣の責任は重大だ」と述べました。

また原口氏は、麻生財務大臣が、25日の参議院予算委員会で、北海道新幹線をめぐる答弁で、札幌を「奥地」と表現したことについて、「発言の根底に本当に拭えない差別意識があるのではないか。大臣と国会議員の資格を厳しく問うていきたい」と述べました。

社民 又市党首「失言の製造機 辞任を」

社民党の又市党首は、記者会見で「『復興五輪』と言われる、東京オリンピック・パラリンピックを担当する大臣として、実態さえ、まともに知らないことが問題だ。放言、暴言、失言の製造機みたいな人で、政治に対する信頼を失いかねず、大臣として失格で、辞任を求めたい。安倍総理大臣は桜田大臣を罷免すべきで、任命責任も追及しなければならない」と述べました。