新年度予算案 与党「あす採決・成立」野党は審議継続の意見も

新年度予算案 与党「あす採決・成立」野党は審議継続の意見も
k10011860501_201903260438_201903260709.mp4
新年度予算案について、与党側は27日に締めくくりの質疑のあと採決して成立させる方針です。これに対し野党内には審議の継続を求める意見もあり、与野党の協議が行われる見通しです。
新年度予算案を審議している参議院予算委員会では25日、「安倍内閣の基本姿勢」をテーマに集中審議が行われました。

野党側は、桜田オリンピック・パラリンピック担当大臣が地元の会合で、東日本大震災の被害をめぐり「国道交通網と高速道路が健全に動いていた」などと発言したことについて「事実誤認だ」として追及しました。

これに対し桜田大臣は「事実と異なるため、おわびし撤回する。今後とも一層身を引き締めて努力していきたい」と述べ、陳謝して発言を撤回したうえで、引き続き職責を果たしていく考えを示しました。

参議院予算委員会では26日に一般質疑が行われ、27日には新年度予算案の締めくくりの質疑が行われる見通しとなっています。

与党側は27日に締めくくりの質疑のあと予算案を採決したうえで、参議院本会議でも可決し成立させる方針です。

これに対し野党内には審議の継続を求める意見もあり、採決の日程をめぐって与野党の協議が行われる見通しです。