カーリング女子 世界選手権 日本は4位

カーリング女子 世界選手権 日本は4位
デンマークで開かれているカーリング女子の世界選手権は24日、3位決定戦が行われ日本は韓国に終盤に逆転されて5対7で敗れ、4位で大会を終えました。
国・地域別の世界ランキングが7位の日本は、先月の日本選手権でピョンチャンオリンピック銅メダルのロコ・ソラーレに勝った中部電力が代表でした。

日本は決勝トーナメントの準決勝でピョンチャンオリンピック金メダルのスウェーデンに敗れて3位決定戦に回り、銅メダルをかけて韓国と対戦しました。

日本は、1対1と同点の第5エンド、4人目の北澤育恵選手が、円の中心に最も近い位置にストーンを置いてプレッシャーをかけました。
そして韓国のラストショットがガードのストーンに当たるミスとなり、不利な先攻ながら1点を奪い、リードしました。

その後、韓国に逆転され、3対4で迎えた第9エンドは有利な後攻で北澤選手がラストショットを決め、2点を奪って再びリードしました。不利な先攻で迎えた最終の第10エンド、日本は終盤、円の中心近くにあった2つのストーンをはじかれてピンチを迎えました。

そして直後の北澤選手のラストショットが円の中心に寄らず、韓国に3点を奪われて逆転され、5対7で敗れました。

日本は銀メダルだった2016年以来のメダル獲得はならず、4位で大会を終えました。

北澤選手は、「最後はいい試合をしながら残念な形で終わってしまった。ここまで来られたのは自分とチームにとって自信になったので経験を次につなげたい」と話していました。