三陸鉄道リアス線が営業運転開始

三陸鉄道リアス線が営業運転開始
k10011859231_201903242118_201903242120.mp4
東日本大震災の被災地、岩手県沿岸部を縦断する新たな路線、三陸鉄道リアス線の営業運転が24日から始まりました。
三陸鉄道リアス線は、岩手県の北部と南部の2つの路線に、JR東日本から移管された宮古ー釜石間をつないだ新しい路線で、23日開通しました。

このうち宮古ー釜石間は震災後、8年ぶりとなる運行で、宮古駅では24日午前5時すぎ、この区間を走る始発列車がおよそ50人を乗せて出発しました。

横浜から訪れた37歳の男性は「東北の被災地出身で震災があり、もう走ることはないんじゃないかと思ったが、つながってよかった」と話していました。

三陸鉄道リアス線は全長163キロと第三セクターの鉄道としては全国最長で、直通列車は大船渡市の盛駅と久慈駅の間をおよそ4時間半かけて結び、上下線合わせて1日5本運行されます。

約30人の観光客を大漁旗で出迎え

大船渡市の盛駅と久慈駅を直通で結ぶ最初の列車には県外からの観光客を含むおよそ30人が乗り込みました。

列車は午前8時5分に盛駅を出発し、北上するにつれておなじみの車体が直通で運行される姿を見ようと地元の住民などが大漁旗を持って駆けつけました。

そして普代村の堀内駅では4分間の停車時間が確保され、乗客たちはホームに降りて美しく広がる海の眺めや列車の姿を写真に収めていました。乗客は途中の停車駅でも次々と加わり、終点の久慈駅には定刻どおり午後0時35分に50人ほどを乗せて到着しました。

ホームでは地元の人たちのほか、鬼のような姿をした地元の伝統行事、「なもみ」が乗客を出迎えました。

また、久慈駅前では、駅長や市の職員などが無事に到着したことを祝って餅まきをしたほか、地元の人たちも郷土料理の「まめぶ汁」をふるまっていました。

宮城県気仙沼市の55歳の男性会社員は「途中の駅で大勢の人が手や旗を振ってくれたのがとてもうれしかった。海が見えるところでは電車を少し止めてくれたりして心ゆくサービスでした」と話していました。

開通を祝う催し

大槌駅の駅前では開通を祝う催しが行われ、地元の子どもたちが七福神の衣装をまとって踊りお祝いに華を添えました。

また、釜石市の鵜住居駅では、待合室の看板の除幕式が行われ、地元の中学校の生徒たちが描いた看板と絵がお披露目されました。

ラグビーの街にちなんだ「トライステーション」という愛称も書かれています。

看板を製作した釜石東中学校3年の佐々木里桜さんは「駅を訪れた人に幸せな気持ちになってもらいたくて、花をデザインした看板を考えました。近くに新しくオープンした防災学習施設をたくさんの人に訪れてもらいたい」と話していました。