大相撲 貴景勝の大関昇進が確実に

大相撲 貴景勝の大関昇進が確実に
日本相撲協会は、春場所後に関脇 貴景勝の大関昇進に向けた臨時の理事会を開催することを決め、貴景勝の大関昇進が確実になりました。
貴景勝は、小結だった去年の九州場所で13勝を挙げ初優勝を果たしました。
続く、ことし1月の初場所では11勝を挙げ、直近3場所の勝ち星の合計が大関昇進の目安とされる33勝に達したものの大関昇進の議論をあずかる日本相撲協会審判部は「もう1場所みたい」としていました。

貴景勝は、千秋楽の24日大関 栃ノ心を破るなど今場所、一横綱・二大関を破って勝ち星をふた桁の10勝に乗せ、直近3場所の勝ち星の合計を大関昇進の目安とされる33勝を上回る34勝まで伸ばしていました。

相撲協会審判部の阿武松審判部長は、千秋楽の取組後、八角理事長に大関昇進に向けた臨時理事会の招集を要請したことを明らかにしました。

これを受けて、春場所後の今月27日に臨時理事会の開催が決まり、貴景勝の大関昇進が確実になりました。

貴景勝「やってきてよかった」

千秋楽の24日、勝ち越しのかかる角番の大関 栃ノ心に勝って大関昇進を確実にした関脇 貴景勝は、「応援してくれる人たちのために力を出し切ってやりたいと思っていた。どんな相撲だったか覚えていないが、頭が真っ白だったのがよかったのかもしれない。今場所は、父親が見にきたときに全部負けていて情けなかったので、最後に勝ててよかった」と充実した表情で話しました。

23日、5敗目を喫したあと、自分と向き合う時間を長くとったということで、「何を目指して今までやってきたのかをもう1度、頭に入れ直して、わんぱく相撲のころから自分より大きい人を相手に優勝できない中でなんとかやってきたことを思い出した。相撲部屋に入ったときは、幕内力士を見てやっていけないと思ったが、やってきてよかった」と振り返りました。

また、24日の10勝目で大関昇進を確実にしたことについては、「15日間、自分の中ではやりきった」と話し、2場所連続となる技能賞については、「きょう勝てば受賞ということを知らなかった。人に評価してもらったことに感謝したい」と時折、笑顔を浮かべて話していました。

八角理事長「落ち着いていた」

日本相撲協会の八角理事長は、大関昇進を確実にした貴景勝が24日、角番の大関栃ノ心に勝った取組について「勝負は厳しいね。貴景勝は落ち着いていた。自分の立ち合いができなかったきのうの反省ではないか。こういう一番の経験が精神的な成長につながる」と評価していました。

阿武松審判部長「大関の力は十分ある」

大関昇進の議論を預かる日本相撲協会審判部の阿武松審判部長は、「内容は申し分ない。相当の重圧だったと思うが、その中で自分の目指す押し相撲を迷いなく取れるというのは、すばらしい。大関の力は十分ある」と貴景勝の相撲内容と精神力を高く評価しました。

また、24日の一番の意味については、「9勝では、厳しいだろうと考えていた」と述べ、負けていれば昇進を見送る考えだったことを明らかにしたうえで「私の記憶に残るかぎりでは、これだけ押し相撲で安定して白星を重ねられる力士を知らない。この相撲を磨いていってほしい」と大関としての活躍に期待を寄せていました。

突き押し貫く精神力の強さ

貴景勝が大関昇進を確実にした要因は、強烈な突き押しの威力に加え、自分の相撲を信じて貫き通した精神面の強さにあります。

貴景勝は、立ち合いの鋭さと低い姿勢からの突き押しの威力に加え、その突き押しを休まず続けられるところが最大の持ち味で、初優勝を果たした去年の九州場所以降に際立っています。

腰を低く落とした体勢を保って前に出ていくため、はたきやいなしに対しても簡単に体勢を崩すことはありません。

また、元大関 琴風の尾車親方は、貴景勝の突き押しについて「一辺倒ではなく相手の動きを冷静に見極め、対応を変えていく柔軟さがある」と評価しています。

初日に妙義龍を破った相撲では、思い切った突き放しを2回、3回と繰り返す中でも相手の胸にしっかりと視線を合わせることで動きの速い妙義龍にいなす隙を与えませんでした。

中日には、もろ差しを狙いたい遠藤に対し、腕を回すのではなく前方に出したまま突っ張って懐に入ることを許さず、一方的に突き出しました。

圧力をかけながらも相手の動きを冷静に見極めているため、ここぞというときの「いなし」や「はたき」が非常に有効に決まり、10日目には横綱鶴竜を十分に押し込んだうえで、引き落としで破るなど上位にも通用する力を示しています。

さらに精神的な成長も見逃せません。先場所の千秋楽は、大きな重圧がかかる中で大関 豪栄道を相手に本来の相撲を貫くことができず、引き技に頼ったことで完敗しました。

今場所も終盤戦は、かたさが見られ、11日目に横綱 白鵬、12日目に豪栄道と上位陣を相手に連敗を喫し、14日目の逸ノ城との相撲では、本来の出足が見られず、あっけなく敗れました。

それでも貴景勝は、「自分の相撲を徹底するだけ」と連日、同じことばを繰り返し、集中を切らすことなく日に日に高まる重圧と向き合い続けました。

そして千秋楽、昇進のかかった一番で大関 栃ノ心を相手に会心の出足を見せ、一方的に押し出して10勝目を挙げ、大関昇進をつかみ取りました。

日本相撲協会の阿武松審判部長は「私の記憶に残る中でこれだけ押し相撲で安定して白星を挙げられる力士はいなかった。相当の重圧がかかる中で自分の目指す相撲を迷いなく取れるのはすばらしい」と押し相撲を徹底して貫いた精神的な強さを高く評価しました。

去年の初優勝に満足することなくたゆまぬ努力を続け、突き押し相撲にさらなる磨きをかけたうえで、重圧の中でもみずからの相撲を貫く精神力を身につけたことが大関の地位をつかんだ大きな原動力となりました。

幕内最年少 鋭い立ち会いと突き押しが得意

大関昇進を確実にした関脇 貴景勝は、兵庫県芦屋市出身の22歳。幕内では最年少です。身長1メートル75センチで下から突き上げるような鋭い立ち合いと突き押しを得意とし、土俵上でほとんど表情を変えない冷静さも強みです。

小学生で相撲を始め、中学時代には全国大会の決勝で現在、幕内の阿武咲を破り、中学生横綱のタイトルを獲得しました。

高校は、多くの関取を輩出した埼玉栄高校に進み、卒業後に貴乃花部屋に入門しました。

平成26年の秋場所の前相撲で初土俵を踏み、順調に番付を上げておととしの初場所、20歳で新入幕を果たし、しこ名をそれまでの「佐藤」から「貴景勝」に改名しました。しこ名は、当時の貴乃花親方が尊敬しているという戦国時代の武将、上杉謙信のあとを継いだ上杉景勝にちなんでいます。

幕内でも上位をうかがうなど順調に力をつけたものの、去年3月の春場所では右足のけがで、初土俵以来、初めての休場を経験しました。

さらに、去年9月の秋場所後には、貴乃花親方が日本相撲協会を退職し所属していた貴乃花部屋が消滅したため千賀ノ浦部屋に移籍するなど環境に大きな変化がありました。

こうした経験も精神面の成長につなげ、去年の九州場所は横綱・大関陣が相次いで休場する中、場所を引っ張る活躍を見せ初優勝を果たしました。

迎えた今場所は、大関昇進の重圧がかかる中で押し相撲を貫いて横綱 鶴竜や大関 高安などの上位陣を破って安定した実力を示しました。

27日に臨時理事会 大関昇進を諮る

大関の昇進など番付編成を担う日本相撲協会の審判部は、八角理事長に貴景勝の大関昇進を話し合う臨時の理事会の開催を要請し、今月27日に理事会が開催されることになりました。これで、貴景勝の場所後の大関昇進が事実上決まりました。

日本相撲協会の審判部は、今月27日、大阪市の大阪府立体育会館で5月の夏場所の番付編成会議を行い、同じ建物の別の場所で行われる臨時の理事会に貴景勝の大関昇進を諮ります。

理事会の決定をもって貴景勝の大関昇進が正式に決まり協会が使者を派遣し、貴景勝に大関昇進を伝達します。伝達式では、新大関がどのようなことばで使者に応えるか、その口上が注目されます。