センバツ 昨秋優勝の札幌大谷 米子東を破って2回戦に

センバツ高校野球、大会2日目の第3試合は、去年秋の明治神宮大会を制した北海道の札幌大谷高校が鳥取の米子東高校に4対1で勝って2回戦に進みました
札幌大谷は1回、1番の北本壮一朗選手の大会第2号となる先頭打者ホームランで先制し、同点に追いつかれたあとの3回には4番・石鳥亮選手のタイムリースリーベースヒットなどで3点を勝ち越しました。

先発した背番号17の太田流星投手は、右のサイドスローから繰り出すスライダーやシュートでバッターに的を絞らせず、米子東打線をヒット4本、1失点に抑え完投しました。

一方、選手16人で大会に臨んだ米子東は、先発の森下祐樹投手が中盤以降、緩急を生かした粘りのピッチングで得点を許しませんでしたが、攻撃ではランナーを出すものの、あと1本が出ず、23年ぶりに出場したセンバツでの初戦突破はなりませんでした。

札幌大谷 太田「自分らしい投球できた」

1失点で完投した札幌大谷高校の太田流星投手は「初めての甲子園で、思ったより体が硬くなっていましたが、キャッチャーのリードを信頼して投げました。低めに変化球を集めることができたし、打たせて取る自分らしい投球ができてよかった」と話していました。

札幌大谷 北本「次の試合も勝利に貢献したい」

初回に先頭打者ホームランを打った札幌大谷高校の北本壮一朗選手は「有利なカウントだったので、ストライクが来たら迷いなく振り抜こうと思っていました。二塁ベースを回ったところで大きな歓声が聞こえ、ホームランを打ったという実感が湧きました。甲子園でまず1勝という目標を達成したので、次の試合でも勝利に貢献したい」と笑顔で話していました。

米子東 紙本監督「相手投手の対策 不十分だった…」

米子東高校の紙本庸由監督は、「よく動く相手投手のボールを攻略する策を自分が持っていなかったのが敗因です。外に逃げるボールを狙うよう指示していたが、インコースに落ちてくるボールへの対策がなかった」と、札幌大谷高校の太田投手への対策が不十分だったことを悔やんでいました。

一方で、エースの森下投手の投球については、「ピンチになるほど前向きに力を出してくれるすばらしいピッチングでした。ふだんから習慣としていることが甲子園でもできていることを頼もしく思いました」と力投をたたえていました。

そのうえで、夏に向けて「どんなことでもプラスに変えていける力を私たちは持っているので、必ずプラスに変えていきたいと思います」と、チームのさらなる成長を誓っていました。

米子東 福島主将「つなげる野球できなかった」

米子東高校のキャプテンの福島康太選手は「チャンスをものにできず、つなげる野球ができなかった」と悔しそうに振り返りました。

また6回に、ノーアウト一塁二塁のチャンスで送りバントを決められなかったことについて「自分のミスで流れを崩してしまいました。あそこで決めていればまだ分からなかったので、試合の大きな境目だったと思います」と、悔しさをにじませていました。

そのうえで、「ランナーがいるときのバッティングなど、課題が多く出た試合なので、自分たちの収穫にして、これから夏に向けてに取り組んでいきたいです」と、次を見据えていました。

米子東 森下「チームを勝ちに導ける投手に」

米子東高校の森下祐樹投手は先頭打者にホームランを許した場面について「打たれた瞬間スタンドに入ると思いました。序盤だったので、やばいとは思わず、むしろ切り替えて投げられました」と話したうえで、「3回の先頭打者にフォアボールを与えてしまったことが自分の弱さのすべてでした。この大舞台でああいうミスをしてしまい、自分の力不足でした」と、勝ち越し点を許したイニングを悔しそうに振り返っていました。

そのうえで「スタンドからの声援に応えられなかった悔しさを感じています。夏に向けてチームを勝ちに導ける投手を目指します」と、涙を拭いながら巻き返しを誓っていました。

米子東 福島「経験したことないボールだった」

米子東高校の福島悠高選手は「自分の持ち味を出せずに試合が終わってしまい悔しいです。経験したことのないボールに対応しきれなかったことが課題です」と、ノーヒットに終わった自身の打席を振り返りました。

そのうえで、「春にこうした経験ができたことをプラスに捉えたい。対応力や、バッティングの柔らかさをもっと身に着けて、応援してもらった皆さんに勝利という形でお返ししたいです」と、夏に向けたリベンジを誓っていました。