「羽生には勝てないと思われる存在に」羽生が来季へ意欲

「羽生には勝てないと思われる存在に」羽生が来季へ意欲
フィギュアスケートの羽生結弦選手が、23日夜に行われた世界選手権のフリーの演技から一夜明けて報道陣の取材に応じ、「ほかの選手がミスのない演技をしても“羽生結弦には勝てないな”と思われるような存在になりたい」と、来シーズンへの意欲を改めて語りました。
さいたま市で行われているフィギュアスケートの世界選手権で、羽生選手は23日の男子シングル後半のフリーで、今シーズンの自己ベストを更新する得点を出して前半のショートプログラムとの合計で2位となりました。

羽生選手は競技から一夜明けて24日、大会会場で報道陣の取材に応じ、「今シーズンはモチベーションをたくさんもらえたシーズンだった。オリンピックを2回勝っているので、しっかりとプライドを持って、ほかの選手がミスのない演技をしても“羽生結弦には勝てないな”と思われるような存在になりたい」と来シーズンへの意欲を改めて語りました。

そして、23日の競技後、ジャンプの技術向上に取り組んでいくと述べたことについて、「けがをしている右足首の状態しだいだが、まずは、以前までできていた4回転ルッツをきちんとできる状態に戻し、そこから4回転フリップに挑戦する。それから4回転アクセルかなと思う。4回転アクセルをやりたいという目標が、今は勝つための道具になっている」と述べ、世界でまだ誰も跳べていない4回転アクセルを含め、演技に組み込むジャンプの種類を増やしていきたい考えを示しました。

また、世界選手権で優勝したアメリカのネイサン・チェン選手について「本当にかっこよかった。自分の実力を高めたいという意欲に駆られたし、次は難しいことを成し遂げて完全に勝ちたいと思った」と雪辱を誓っていました。