ロシア疑惑の捜査報告書 すべて公表求める動き

ロシア疑惑の捜査報告書 すべて公表求める動き
k10011858661_201903240633_201903240635.mp4
アメリカのトランプ政権をめぐるロシア疑惑で、焦点となっている捜査報告書について野党・民主党は、すべてを公表するよう強く求めているほか、市民団体が公表を求めて訴えを起こし、どこまで報告書の内容を明らかにするのか司法長官の判断に関心が集まっています。
アメリカ司法省は22日、ロシア疑惑の捜査が終結し、バー司法長官に捜査報告書が提出されたと発表しました。ロシア疑惑は2016年の大統領選挙でロシアがトランプ氏の当選を後押しするためサイバー攻撃などで干渉したとされるもので、トランプ陣営とロシアとの共謀やトランプ大統領による捜査の妨害があったのかなどについて、特別検察官による捜査が続けられてきました。

提出された捜査報告書は機密扱いとなっていて、トランプ大統領の関与について何らかの言及があるのかは不明です。今後、内容が議会に伝えられることになっていますが、公表の範囲はバー司法長官の判断に委ねられています。

これに対して野党・民主党は報告書をすべて公表するよう求める声明を出したほか、来年の大統領選挙への立候補を表明した議員らがインターネットを通じて署名を募り、すべてを公表するよう求めています。

また、人権擁護活動などを行っている市民団体も首都ワシントンの連邦地方裁判所に報告書の公表を求める訴えを起こすなど、内容をすべて明らかにするよう求める動きが強まっています。

バー司法長官は法律と規則で許される範囲で公表する考えを示しており、その判断に関心が集まっています。