AMやめFMに転換することも可能な制度改正要請へ 民放連

AMやめFMに転換することも可能な制度改正要請へ 民放連
k10011857621_201903230427_201903230434.mp4
民放ラジオ各局の厳しい経営状況を受けて、民放連=日本民間放送連盟は、ラジオのAM放送をやめてより簡易な設備で送信できるFM放送に転換することも可能な制度の改正を総務省に求める方針を決めました。
関係者によりますと、民放のAMラジオ各局は、広告収入の低迷から経営状況が厳しくなっていて、コストなどの観点から、これまでのAM放送を、より簡易な設備で送信できるFM放送に転換したいという意向を民放連に寄せているということです。

このため民放連は、各局が、AM放送をやめてFM放送に転換することも選択できるよう、制度の改正を総務省に求める方針を決めました。

これは、災害時の補完放送として各局が導入している「ワイドFM」を活用するものですが、FMは電波が遠くまで届かないため北海道などでは完全な転換は難しく、民放連は、これまでどおりAMとFMの併用も認めるよう求めることにしています。

また、「ワイドFM」は一部のラジオでは聴けないことから、対応する受信機の普及も課題だということです。

民放連は、2028年までの制度改正を求める方針で、今月27日に開かれる総務省の有識者会議で要請することにしています。