ノーベル平和賞受賞 マララ・ユスフザイさんが初来日

ノーベル平和賞受賞 マララ・ユスフザイさんが初来日
k10011857211_201903221806_201903221808.mp4
イスラム過激派から銃撃を受けながらも、子どもや女性が教育を受ける権利を訴え続け、ノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんが初めて来日しました。東京で23日に開幕する国際会議に出席し、少女たちが教育を受けることの重要性などについて講演を行う予定です。
2014年に史上最年少の17歳でノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんが、東京で開かれる女性の活躍がテーマの国際会議に出席するため、22日、日本に到着しました。

パキスタン出身のマララさんは、2012年にイスラム過激派から銃撃を受けながらも、世界中から集まった寄付金で基金を設けて、女性たちが教育を受ける権利を訴え支援を続けています。

現在は、イギリスの名門、オックスフォード大学で哲学や政治、経済を学ぶかたわら、貧困や紛争に苦しみ、教育を受ける機会に恵まれない各地の難民の少女たちの声を世界に届ける活動に力を入れています。

マララさんが日本を訪れるのは今回が初めてで、23日は、少女たちが教育を受けることの重要性などについて講演を行うほか、国連のバチェレ人権高等弁務官など各国の女性リーダーたちとも意見を交わすことにしています。