イチロー選手引退 プロ野球関係者の声

イチロー選手引退 プロ野球関係者の声
大リーグ マリナーズのイチロー選手の現役引退表明から一夜が明け、プロ野球でのかつての指導者やチームメート、イチロー選手に憧れた選手などから、引退を惜しむ声が相次ぎました。

ソフトバンク 王会長「来るべき時が来たのかな」

イチロー選手が現役を引退したことについて、第1回のWBC=ワールド・ベースボール・クラシックで日本代表の監督としてイチロー選手とともに戦ったソフトバンクの王貞治球団会長は「来るべき時が来たのかなと。誰もがスタートがあれば終わりもあるが、彼の場合、もっと先だろうと思っていただけに残念だ。ただ、きのうのフィナーレを見ていて、いかに彼の野球人生が多くの人に感動を与えたか、1人の人生がここまで多くの人に影響を与えることはそうないと思う。彼はこれからもずっと語り継がれていくと思う。今後も野球界から離れることはないと思うので、持っている考えや技術とかを若い人たちに分かりやすく伝えてほしい」と話しました。

ソフトバンク 新井コーチ「彼との出会いに感謝」

オリックスのコーチ時代にイチロー選手を指導したソフトバンクの新井宏昌2軍打撃コーチは「やめるなんて想像つかなかったので驚いている。生命線であるバットコントロールができていなかったのが自分自身で許せなかったのだと思う。ただ、これまで十分楽しませてくれたのでお疲れ様と言いたい。私自身にとっても彼との出会いに感謝していると伝えたい。誰もがなせないことをやってのける、そんなすごい選手だった」と話していました。

ソフトバンク 工藤監督「野球選手として尊敬」

母校・愛工大名電高校の先輩にあたるソフトバンクの工藤公康監督は「同じ高校を出たものとして、野球選手として尊敬している。会見にもあったように、後悔しないために努力を積み重ねてきた。やり続けることがこの成績につながったし、世界で活躍できたんだと思う」と話しました。

現役時代に対戦した思い出については「1度見せたボールは次投げたら打たれる。左対左だったので、三振を取ったことがあるが、次の試合ではライト線にツーベースを打たれた。起きてから寝るまで野球にかける時間が人とは違ったんだと思う」と振り返っていました。

ソフトバンク 内川「僕が引退したら一緒に草野球を」

第2回WBC=ワールド・ベースボール・クラシックでイチロー選手とプレーしたソフトバンクの内川聖一選手は「50歳まで現役といつも言われていたので、一晩明けてもまだ現実として受け入れられていない。初めて会話させてもらった時に『ウッチー、去年打率何割だったの?』とフランクに明るく話しかけてくれたのを覚えている。子どもの頃からの憧れの人なので、夢のような時間だった。バッティングのことも話をさせてもらったが、勉強になった部分がたくさんある。僕が引退したら一緒に草野球をやってほしいなと思います」と話していました。

元ヤンキース 黒田さん「同じ時代で野球できたことに感謝」

大リーグのヤンキースでともにプレーした黒田博樹さんは「イチローさんの姿勢に多くの人々、野球人が学んできたと思います。イチローさんと同じ空間、同じ時代で野球ができたことに感謝するとともにやはりさみしく思います」とコメントを出しました。

ヤクルト 青木「プレーしない姿 想像できない」

プロ野球 ヤクルトの青木宣親選手は、引退したイチロー選手と2006年と2009年のWBC=ワールド・ベースボール・クラシックでともに中心選手としてプレーし、2連覇に貢献しました。
また、イチロー選手と同じように大リーグで外野手としてプレーしました。

青木選手は「いまだに憧れの存在ですし、いつも身にしみることばを投げかけてくれる。イチローさんの背中を見て育ってきたし、同じプロという場所で一緒にやっていても、存在の大きさを感じていた。本当に信じられない気持ち。野球のプレーをしないイチローさんの姿が想像できない」としみじみと話していました。

ヤクルト 宮本ヘッドコーチ「取り組む姿勢 ナンバーワン」

2006年に行われた第1回のWBC=ワールド・ベースボール・クラシックでイチロー選手とプレーしたヤクルトの宮本慎也ヘッドコーチは「ずっと現役でやると思っていたのでびっくりした。WBCでウォーミングアップから全力でやっている姿を見て、野球に取り組む姿勢はナンバーワンだと思った。28年間、真摯(しんし)に野球をやってきて精神の疲れは尋常じゃないと思うが、野球界に貢献できる選手だと思うのでこれからもがんばってほしい」とエールを送っていました。

ヤクルト 五十嵐「野球選手のお手本」

2012年にイチロー選手と大リーグのヤンキースでチームメートだったヤクルトの五十嵐亮太投手は「野球選手のお手本のような人。ストイックでここまでやらないと、ここまでの選手になれないのかと感じた。野球界の華みたいな方だったので、華やかさがなくなるような気がしてさみしい」と話していました。

オリックス 田口コーチ「いちばん偉大な選手」

プロ野球 オリックスに同期で入団した田口壮野手総合兼打撃コーチは22日、京セラドーム大阪でのオープン戦の前に取材に応じました。

この中で、田口コーチは「1つの時代が終わったなとここまで衝撃を受けたのは初めてです。誰が見てもベースボールと野球の歴史の中でいちばん偉大な選手でした」と現在の心境を語りました。

オリックス時代、ともに外野手としてリーグ連覇を達成し、日本一にも輝いたことについて「当時の記憶は鮮明に残っているし、彼がいたから勝てたと思う。あの2年間は自分にとって特別なものでした」と振り返りました。

そして、「記者会見では草野球をやると言っていたので、今度は一緒のユニフォームを着て楽しく草野球をやりたいです。イチロー選手はピッチャーをやると思うので、自分はキャッチャーができるよう、肩のリハビリをしたい」と笑顔で話していました。

オリックス 吉田正尚「引退は不思議な感じ」

イチロー選手がかつて在籍したオリックスの吉田正尚選手は、新人時代に神戸市内の球場でイチロー選手とあいさつを交わしました。

イチロー選手の現役引退について、吉田選手は「自分が小さい頃からのスーパースターなので、引退は不思議な感じがします。自分にとっては憧れの存在で野球選手として、人間として、世界で戦った日本選手としてかっこいいと思います。『お疲れさまでした』と言いたいです」と話していました。

DeNA 筒香「まずは敬意を払いたい」

プロ野球 DeNAの主軸、筒香嘉智選手は、尊敬する選手として現役を引退したマリナーズのイチロー選手をあげ、親交もあります。

22日、取材に応じた筒香選手は「日本とアメリカの両方ですばらしい成績を残されて、国民の活力になるようなみんながあこがれるような存在だった。いちばん憧れが強かったのがイチロー選手なので、引退するのはさみしいが、まずは敬意を払いたい。誰が見てもすべてが美しい動きは、まねしようと思ってもまねできないですし、イチローさんにしかできない。これだけ周りに影響を与えられる方というのは1人もいないと思う」と話していました。

DeNA 坪井コーチ「僕の野球人生に大きな影響」

DeNAの坪井智哉打撃コーチは、引退したイチロー選手と同い年で、現役時代に自主トレーニングを毎年オフに一緒に行っていました。

坪井コーチは「ことしも練習に参加したが、動きも全く変わらないですし、まだまだできるという思いがあったので、残念というより驚きが大きい。近くで見てきたが、いろいろなことを考え、私生活からすべてを野球に注いできた人で、僕の野球人生に大きな影響を与えてくれた」と話していました。

中日 与田監督「複雑な気持ち」

イチロー選手が中心選手として活躍した2009年の第2回WBC=ワールド・ベースボール・クラシックで、日本代表のコーチを務めた中日の与田剛監督は「引退を聞いてびっくりした。去年からの動向を見ていて、もしかしたらと思っていたが、個人的にはイチローの姿をまだ見ていたいという思いもあり、複雑な気持ちだ」と話しました。

そのうえで、イチロー選手について「設定した目標に向けて最大限の準備、練習をする選手で、簡単に天才ということばを使ってはいけないと思う。イチロー選手の現役時代を見られたこと、同じ時期に野球人でいられたことは本当にいい思い出です」と話し、引退を惜しんでいました。

中日 松坂「すべてが特別な時間」

2006年と2009年のWBC=ワールド・ベースボール・クラシックでともに中心選手としてプレーし、2連覇に貢献した中日の松坂大輔投手は、球団を通じてコメントを出しました。

この中で、松坂投手は「イチローさんと何度も対じできたこと、オールスターや日の丸を背負い、同じ空間でプレーできたこと、同じ空間で過ごし、いろいろな話ができたこと、すべてが特別な時間でした。イチローさんがいたから今の自分があります。今は感謝の気持ちをとにかく伝えたいです」と感謝の意を示しました。

そのうえで、「できるならばもう一度、イチローさんに投げたかったです。これからは自分のペースでゆっくりとされて体と心を休めてください」と引退を惜しみました。

巨人 原監督「純粋な野球人」

イチロー選手が出場して優勝した2009年の第2回WBC=ワールド・ベースボール・クラシックで日本代表の監督を務めた巨人の原辰徳監督は「現実的に来てしまったのだなと少しびっくりしたというのが正直なところ。本当に現役生活、ご苦労さまでした」とねぎらいました。

そして、WBCについては「懸命に戦う中でやや苦しんでいた姿が印象に残っている。イチロー選手が決勝のタイムリーを打って世界一をとり、迎えたシャンパンファイトでは無邪気に喜んでいた。純粋な野球人であり、勝利に向かって強く戦っている姿勢はやはり並ではないと感じた」と振り返りました。

「イチロー選手をひと言で表すなら」という質問に対しては、「ひと言では表せる人ではない。しかし、迷うことなく一直線にすべて進んだということではないか。その強さは私も尊敬するところだ」と敬意を表していました。

そして、イチロー選手の今後については「引退会見で、動くことが大好きだと言っていたので、少しゆっくりしてくださいと言っても伝わらないのかなと。現役を引退したという部分では、気持ちの中ではリラックスできる時間が来ると思うので、新たに次の目標を作って突き進むのではないか」と話していました。

ロッテ 藤原「スターで偉大な方」

ロッテのドラフト1位ルーキー、藤原恭大選手は「自分の物心がついたときからトップを走っていたスターで偉大な方。大リーグでもすごい結果を残していて、それはイチローさんにしかできないことだと思う。自分はまだプロ1年目で28年プレーすることは想像もつかないがすべてにおいてすごい方だ」と話していました。

ロッテ 伊志嶺「ヒーローがいなくなって寂しい」

プロ野球 ロッテの伊志嶺翔大選手は、沖縄県の宮古島出身で小学生のときに、オリックスのキャンプで宮古島を訪れていたイチロー選手からサインをもらいました。

何も言わずに立ち去ろうとした時に、イチロー選手から「お礼は?サインをもらったらありがとうって言うんだよ」と声をかけられ、礼儀やあいさつの大切さを学んだということです。

また、イチロー選手が参加した野球教室では、技術だけではなく、グラブの手入れのしかたなどを教えてもらいました。

伊志嶺選手は「きのうの試合で最後にベンチに戻っていく後ろ姿などぐっとくるものがあった。50歳まで現役を続けると言っていたが、引退を決意してびっくりとやっぱり来たという気持ちだ。ずっと憧れていた自分のヒーローがいなくなって寂しい」と引退を惜しみました。

そして、「どの記録がすごいとか自分が言うのはおこがましいが、けがをしたことが記憶にないくらい体のケアを徹底していたし、自分の芯を持って何年もぶれずに続けたことは本当にすごいことだと思う。そして、野球の技術だけではない姿を学ばせてもらった。イチローさんとの思い出は自分にとっての宝物で、学んだことをこの先、引き継いで子どもたちに伝えていきたい」と話していました。

NHK野球解説 小早川さん「引退と聞いて驚いた」

NHK野球解説の小早川毅彦さんは「ことしのアリゾナキャンプでイチロー選手と話したときに、体調もよく、バッティングの感覚も戻ったと言っていたので、引退と聞いて驚いた。正直、50歳まで現役は可能だと思っていたが、45歳まで体型や動きが変わらず、体調を維持できていた時点で、計り知れないすごさを感じている」と話していました。

一方で、「最近のオープン戦や巨人との試合を見ていて気になるところもあった。投球を見逃したときに少し後ずさりするような動きがあり、そうなるとヘッドが走らなかったりバットコントロールがしづらくなったりする。イチロー選手でも苦労しているのかと思った」とも話していました。

また、イチロー選手が、去年の5月にフロント入りし、公式戦から離れながらも、翌年の東京ドームでの開幕戦に照準を合わせて練習を続けていたことについて「試合に出られないのでつらさや厳しさはあったと思う。その中でも日々しっかりトレーニングをしながら、若手にアドバイスもしていた。これはやれと言われてもできるものではない。プロに入ってから毎日、努力をコツコツ積み重ねてきたイチロー選手だからこそできたものだ」と話していました。

そのうえで、「練習を続けながら開幕戦での復帰を目指すという、こんなチャンスは誰にも与えられるわけではない。イチロー選手だからこそ与えられたわけで、イチロー選手もそれを感じ取っていたのではないか」と話していました。

そして、イチロー選手の今後については「存在するだけで十分なのだが、子どもたちにイチロー選手が積み重ねてきたものを伝えてほしい」と期待していました。