官房長官 東シナ海での掘削船固定で中国に抗議

官房長官 東シナ海での掘削船固定で中国に抗議
東シナ海で中国が一方的に進めているガス田開発をめぐって、菅官房長官は記者会見で、日中の中間線の中国側の海域で、中国が移動式の掘削船を固定させていることが新たに確認されたとして、外交ルートを通じて抗議したことを明らかにしました。
東シナ海のガス田開発をめぐっては、2008年に日中両政府が共同開発することで合意しましたが、関係する条約の締結に向けた交渉は中断したままで、中国側が、日中の中間線付近に構造物を建設するなど一方的な開発を進めています。

これに関連し、菅官房長官は閣議のあとの記者会見で、今月上旬、日中の中間線の中国側の海域で、中国が移動式の掘削船を固定させていることが新たに確認されたとして、外交ルートを通じて抗議したことを明らかにしました。

また、菅官房長官は、中国の別の移動式掘削船が資源開発に向けた試掘と思われる活動を行っていることも確認しているとしたうえで、「日本側の累次の申し入れにもかかわらず、中国側が一方的な開発に向けた行為を継続していることは極めて遺憾だ」と述べ、ガス田の共同開発に向けた交渉の早期再開を求めていく考えを示しました。