勤務時間内の喫煙全面禁止へ 外出中も対象 ソフトバンク

勤務時間内の喫煙全面禁止へ 外出中も対象 ソフトバンク
k10011853931_201903200641_201903200641.mp4
通信大手のソフトバンクは社員の健康増進を図るため、来年4月から外出時を含め、勤務時間内の喫煙を全面的に禁止することになりました。
ソフトバンクによりますと、来月から段階的に勤務時間内の喫煙を禁止する日を増やし、来年4月からは就業規則で全面的に禁止にします。

禁煙はオフィス内だけでなく、営業などで外出している時も対象となり、全国の事業所の喫煙スペースは来年10月をめどに撤去します。

社員の健康増進を図るとともに、受動喫煙を防止するのが目的だということです。

職場の喫煙環境をめぐっては、大手企業では「セイコーエプソン」が去年4月から勤務時間中の喫煙を禁止しているほか、「オリンパス」が再来年までに社内の喫煙スペースを撤廃することを決めるなど、“オフィスでの一服”を禁止する動きが出始めています。